キャットフードを子供が食べないようにする方法

 子供を育てながら、猫も飼っている場合、子供をキャットフードを食べないように監視していなければなりません。
特に乳幼児は、目に見えるすべての物に興味をしめし、口に物を入れて認識するという本能からキャットフードも口に入れて飲み込んでしまう場合が多々あります。
したがって、乳幼児にはキャットフードを出来る限り見せないことが大切です。

 猫に餌をあげる時には猫を別室に誘導して猫がキャットフードを食べているところを子供に見せないようにすることで、子供がキャットフードを食べることを防ぐことが出来ます。
しかし、間取りやスペース上、キャットフードを子供に見せなくすることは困難な場合もあります。
このような場合、なるべく子供がキャットフードに興味を持たないように、朝子供が起きる前と、子供の昼寝中や夜寝てから猫にご飯をあげるという時間をずらす方法を使います。
こうすることで、子供とキャットフードの距離を離し、子供がキャットフードを食べないようにすることが可能です。
また、ケージなどを買って餌を食べる時間だけ猫をケージの中に入れて食べさせるという方法でも子供がキャットフードを食べないようにするためには有効です。

トップに戻る