高いキャットフードと安いキャットフードの違い

キャットフードの価格は、安いものから高いものまで様々です。

なぜ、そんなに価格に差が出るのか気になりますよね。
ネコちゃんは、飼い主さんが与えてくれるキャットフードだけが栄養源ですから、違いを知っておくことはとても大事です。

1.安価なキャットフード

安価なキャットフードはなぜ安く作ることができるのかというと、二つの理由があります。

一つ目は、粗悪な原材料を使用していること。

二つ目は、穀類を多く含んでいることです。

(1)粗悪な原材料
粗悪な原材料には次のものがあります。

・内臓、骨、など人間の食用としては認められていない部位
・病気や感染症で死亡した動物の肉

このような原材料を使っている場合、成分表の表示が牛肉やチキンなどのようにはっきりと表示されておらず、家禽ミール、ミートミール、ミートボーンミール、バイプロダクツ、肉粉、肉副産物などの表記になっています。

粗悪な原材料からは、ネコちゃんの食欲をそそるようなにおいはしません。
そのため、合成香料をたっぷり使ってネコちゃん好みのにおいにします。
新鮮な肉を使っていないので、おいしい味がするわけがありませんから、食いつきがよくなるよう添加物を入れています。
なかには、少し甘みを加えている物もあります。

人工添加物には、発がん性物質もあり危険です。
日本ではキャットフードに使用される添加物に規制はないので、危険な物でも混入されて販売されています。

体が小さなネコちゃんにとって、添加物だらけの食べ物が体に悪影響を与えるということは容易に想像できます。

(2)穀物が多く使われている
二つ目の穀類は、ネコちゃんにとって消化しづらい原材料ですが、コストが安いため嵩増しで入れられています。
完全肉食動物のネコちゃんからすると、なかなか満腹感が得られないので、多くの量を食べるようになります。
食べ続けることで肥満になったり、消化不良で胃腸障害を起こしたりと、ネコちゃんの健康を害する可能性が高いのです。

2.高級キャットフード

高級といわれるキャットフードは、動物愛護先進国で作られているものが多いです。
それらの国ではペットのための法律や規則があり、日本では考えられないくらいペットが大切に扱われています。
キャットフードの品質は厳しい安全基準を設けてあるので、安価なキャットフードと比べると、まず原材料から違います。
人間が食べられる品質の「ヒューマングレード」とよばれる材料だけを使用しており、安全性が高くて新鮮。
そのうえ、添加物や熱処理方法まで決められていて、厳しいチェックをクリアした物だけが国の許可を得ることができます。

原材料が上質なので、人工香料や着色料などでごまかす必要がありません。
原材料の肉本来のにおいと味がするのが高級キャットフードです。

上質な動物性たんぱく質を多く含み、猫の食性に適しているので食べ応えがあるため、それほど量を食べなくてもネコちゃんは満足します。
そのため、ほとんどの製品で嵩増しのための穀類は使用していません。

どうして安価なキャットフードが作れるのか、なぜ高価なのか。
その理由を知ると、認知度が高いことやネコちゃんの食いつきがいいことだけを重視してはいけないことがわかります。

ネコちゃんがいつまでも健康に長生きできるように、安全なキャットフードを選んであげたいですね。

トップに戻る