キャットフードは高価なものの方が安心か?

良い製品をつくるためにはコストがかかりますから、どうしても高価になります。
多くの高価なキャットフードは、価格に見合った、安全性が高く良質な製品ですが、値段が高いものがすべて安心なキャットフードといえるわけではないので注意が必要です。

日本でも高価なキャットフードを販売しているメーカーはありますが、動物愛護先進国といわれるアメリカ産、ヨーロッパ産のキャットフードは、高品質だからこそ高価なものが多いようです。

アメリカ、ヨーロッパでは、動物愛護の姿勢やペットフードの品質が日本より進んでいます。
もっとも違うのは、キャットフードを食品として扱っていることでしょうか。
食品扱いですと、原材料や添加物、保存方法にいたるまで規制があり、いくつもの機関で厳しいチェックを受ける必要がありますから、必然的に高品質で安全なキャットフードが多くなります。

ヨーロッパでは欧州ペットフード産業同盟(FEDIAF)がフードをチェックし、アメリカではAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)がチェックします。
クリアした製品は「給与基準をクリア」とパッケージに表示できるようになるので、安全性を確認することができます。

高価なだけでなく、基準をクリアした確かな製品であれば安心といえるでしょう。

では、どのようなものが高価な価格に見合った品質なのか、いくつか挙げてみましょう。

1.人間が食べられるレベルの原材料を使用している

「チキン」、「ターキー」、「サーモン」などの動物性たんぱく質を多く含んだ、人間が食べられる品質の肉を使用し、成分表に何の肉を使っているかはっきり明記されているものは安心です。

残念ながら、日本で販売されているキャットフードの中には、鮮度が悪い肉や、内臓、骨などを使用しているものもあります。
それらは、当然人間が食べられるものではありません。
低品質の肉は、吸収されにくいため十分に栄養を摂ることができません。

「家禽ミート」、「ミートミール」、「肉副産物」と書かれている場合は、どのような肉を使っているかわかりません。
それなのに、価格が高く設定されているのであれば、おかしいですね。

2.無添加、安全な添加物を使用している

動物愛護先進国のキャットフードは食品として扱われているので、添加物の名称や使用量を記載する義務がありますし、安全な添加物しか使用できません。
雑貨扱いの日本のキャットフードでは、発がん性がある酸化防止剤を使用しても規制がないため販売できてしまいますが、基準をクリアした製品ではそのようなことはないので安心です。

高価なキャットフードの成分表に、酸化防止剤として、エトトキシン(発がん性、アレルギー反応がでる、皮膚病のおそれがある)、BHA(膀胱や甲状腺の癌を発病する可能性が高い)、BHT(発がん性が高い、長期摂取で毛が抜けやすくなる、痩せやすくなる)などの表示がある場合は、価格に見合った製品とは言えません。

3.穀類を使用していない

完全肉食動物のネコちゃんにとって、穀類はどうしても食べなければならないものではありません。
むしろ、体の構造的に消化吸収が苦手なので、含んでいないほうが良いフードといえます。
動物愛護先進国では、ネコちゃんに必要な栄養素などの研究が進んでいるので、不必要なものは含まれていません。

多量の穀類が使用されているキャットフードは、嵩増しとして使っています。
穀類が多い分、肉の量を少なくすることができるので、コストカットができるのです。

穀類が多い上に価格が高いキャットフードは、おかしいとわかりますね。

価格が高いキャットフードは全て良品だと思わず、価格に見合った原材料を使用していることを確認してから購入しましょう。

トップに戻る