キャットフードを選ぶときはカロリーもチェックする

キャットフードを選ぶときのポイントのひとつに、カロリーがあります。
キャットフードのパッケージには100gあたりのカロリー表示があり、各メーカーによって違いがありますから、与える際にはそのメーカーに合わせた量を計算して与える必要があります。

一日に必要な摂取カロリーの求め方

ネコちゃんに必要な摂取カロリーは年齢によって変わります。

・子猫→100~200kcal
・成猫→70~80kcal
・シニア→60kcal
・妊娠、授乳中→通常の2~4倍

ネコちゃんの体重×○○kcal=一日に必要な摂取カロリー

年齢に合わせたカロリーのキャットフードを与えよう

子猫のときには、成長するために一生のうちで一番カロリーが必要になりますし、シニアになると運動量が減るため低カロリーで十分です。
年齢に対応したステージ別のキャットフードの場合は、それぞれのステージに合わせた栄養を含み、必要なカロリーが摂取できるように作られています。
パッケージに記載されているカロリーで給餌量を求めて与えてあげましょう。

もし、成長期のネコちゃんにシニア用を与えていると、カロリーが全く足りないので栄養不足になりますし、逆であればカロリー過多で肥満になります。
飼い主さんは、パッケージに記載された「子猫ちゃん用」「成猫用」「シニア用」などの表示をよく確認して購入してください。

低カロリーフードの原材料をチェックしましょう

スーパーなどで販売されている安価なキャットフードのほとんどの原材料に穀類が多く使われています。
肉をたくさん使っているものより、カロリーが低いことが多いので一見良いように思えますが、これは要注意です。

ネコちゃんの体は、穀類を消化吸収することが苦手なので、体内に残りやすく、徐々に蓄積された穀類=炭水化物(糖質)が脂肪となるため、結果的に肥満になります。
また、穀類を多く含むキャットフードは、ネコちゃんが満腹感を得にくいため、「もっと食べたい」とアピールすることがあります。
その要求に応えて量を増やしていくことも、肥満の原因になるので注意しましょう。

穀類が多く使われているということは、肉が含まれる量は多くありません。
ネコちゃんの体は、動物性たんぱく質を多く必要としますから、穀類が多いキャットフードでは、栄養不足になるということも、重要なポイントになります。

運動量が多いネコちゃん、おとなしいネコちゃんや飼育状況、経済的なことなど、キャットフードを選ぶポイントは多いですが、カロリーも見逃せない点ですから、よく見比べて選んであげてください。

トップに戻る