キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこと

家族の一員であるネコちゃんには、良いフードを選んであげたいですよね。
CMなどでよく聞く銘柄のキャットフードが良いフードとは限りません。
ネコちゃんがいつまでも健康に過ごせるようにするために、毎日の食事はとても大切ですから、しっかり選んであげてくださいね。

1.危険な添加物を使用していない

日本ではキャットフードは食品として扱われていません。
そのため、日本で販売されているキャットフードの添加物は規制が甘く、人間には使用禁止とされている危険な成分でも使用できます。
酸化防止剤の中には、発がん性があるものもあります。
エトキシキン、BHA、BHTと記載されているフードは特に危険です。

無添加のもの、あるいはビタミンE(トコフェロール)やローズマリー抽出物などの、天然由来の添加物を使用しているフードを選んであげましょう。
そういったフードは賞味期限が短いことが多く、店頭販売ができないので通信販売でのみ取り扱っていることがあります。

2.良質な原材料のものを選ぶ

人間の食用としても使えるような新鮮な肉を使ったキャットフードは、栄養価が高くて吸収が良いので、少量でも満足します。
「チキン」「ターキー」「サーモン」などがメインの原材料に使われている物を選びましょう。
これらはネコちゃんにとって大切な栄養素である動物性たんぱく質を多く含んでいて、体の隅々まで栄養が行き渡り、健康的で艶のある毛並みになります。

反対に「家禽ミート」「ミートミール」「肉副産物」と書かれているキャットフードは避けたほうが良いです。
そのような肉を使っているのかわかりにくく、粗悪な原材料である可能性が高いからです。

3.栄養バランスが整っている

ネコちゃんの年齢によって必要な栄養を備えている、ステージ別のキャットフードを選びましょう。

また、キャットフードには総合栄養食、一般食(副食)、間食などの種類があります。

主食として与えるなら、必要な栄養素がバランス良く摂れる総合栄養食を選びましょう。

4.原材料の穀類に注意する

ネコちゃんは肉食動物なので、穀類を消化することが苦手です。

ネコちゃんの体は穀類の消化が苦手であるにも関わらず、安価なキャットフードはコスト削減のために多くの穀類を使用しています。
穀類にアレルギー反応を起こすネコちゃんもいますし、消化が悪いため胃もたれを起こすこともあります。
そして穀類が多い分、動物性たんぱく質の割合が少なくなるので、満腹感を得にくいために、食事量が増えて肥満の原因にもなります。

原材料の表示は使用が多い順番に記載されているのですが、一番目に「穀類」と表示されているキャットフードは与えないようにしましょう。

キャットフード先進国のフードは、穀類を全く使っていない物が多いです。
嵩増しをしていない分は、肉をたくさん使っているので、ネコちゃんは満腹感を得やすいです。

5.ドライフードを主食にする

ネコちゃんは、水分をたっぷり含んで風味が強いウェットフードが大好きです。
食いつきがいいので、毎日食べさせたいところですが、ウェットフードは総合栄養食ではないことが多いので、栄養が足りなくなります。
また、やわらかいので歯の間に挟まりやすく、歯周病の原因にもなります。

健康で硬いキャットフードが問題なく食べられる猫には、主食は総合栄養食のドライフードにしましょう。
ネコちゃんに必要な栄養素は全て配合されていますから、フードと水だけを与えていれば栄養の心配はいりません。
硬いので、歯に汚れがつきにくく、歯の間の汚れも取れやすいです。

トップに戻る