肥満用キャットフード

ネコちゃんはなぜ太る?

ネコちゃんが太る原因、それはキャットフードの与えすぎが多いようです。

多くのネコちゃんが主食にしているドライフードは総合栄養食なので、キャットフードとお水だけでネコちゃんに必要な栄養素を補うことができるように作られています。
そのキャットフードを適量以上に食べると栄養過多になりますから、どんどん太っていくのですね。
パッケージに書かれている適量を守って与えましょう。

また、子猫用・成猫用・シニア用など年齢に応じたフードが市販されていますが、それらはそれぞれの時期に適した栄養素が配合されています。
もし、運動量が減っている7歳以上の老猫に子猫用や成猫用を与えていたら、カロリーオーバーになるため確実に太ります。
年齢に合わせたフードを与えることが大切です。

ネコちゃんのダイエット

人間がダイエットをするときには食事制限と運動を行うのが一般的ですが、家で飼っているネコちゃんをカロリー消費するほど毎日運動させるのはなかなか難しいです。
そうなると食事で調整していくしかないわけですが、極端に量を減らすと肝臓に負担がかかり命に関わることもあります。
ネコちゃんのダイエットは、長期戦と心得ましょう。

肥満になると病気になるリスクが高くなりますが、そもそもネコちゃんは肥満であることに危機感はありませんから、突然キャットフードの量を減らされるとストレスを感じ、凶暴になることもあります。
また、量を減らすことで体に必要なたんぱく質・ミネラル・ビタミンが摂取できず栄養不足になることもあります。
ネコちゃんのダイエットは、獣医師と相談の上で始めてください。

肥満猫用のドライフード

必要な栄養素を備えつつカロリーを抑えている肥満猫用キャットフードは、筋肉や心臓の健康維持に必要なたんぱく質を多く含み、脂質を少なく、低カロリーに作られています。

さらに、ダイエットをすることにより衰える機能をサポートしているものもあります。
たとえば、皮膚・被毛の健康維持のためのリノール酸を配合している、重い体重を支える関節の健康維持のためにコンドロイチン・グルコサミンを配合している、エネルギー代謝の適正化を促すL-カルニチンを配合しているなどです。

肥満猫用のウェットフード

ウェットフードは水分を多く含んでいるため、ネコちゃんの満腹度が高くストレスなく痩せることができます。
満腹度をあげるために、食物繊維を多めに配合しているものもあります。
高たんぱく・低カロリーで、ネコちゃんに必要な栄養素も配合されています。

食事回数を増やす

ネコちゃんは一日4~5回程度に分けて食事をすることで余分な脂肪形成を減らすことができます。
一日に与える量を4~5回に分けると1回分の量は少なくなりますが、全体量は変わらないのでネコちゃんにストレスがかかることなく、効果的にダイエットができます。

トップに戻る