キャットフードを変えて咳が出やすくなったら

キャットフードを変えてからネコちゃんが急に咳をするようになった場合は、変えたキャットフードに含まれる原材料の何かにアレルギー反応を起こしていることが考えられます。
アレルギー反応とは、本来無害なはずの物質に対して過敏に反応してしまうようになった状態のことをいいます。
食物アレルギーは、通常は食べ物を異物として認識しないようにしている仕組みに問題があったり、消化・吸収機能が未熟だと反応が起こります。
食物アレルギーは、人間だけの話ではないのです。

原因物質(アレルゲン)は何だろう

キャットフードに含まれる原材料の中でアレルギーの原因といわれているのは、穀物・人工添加物・品質の悪いたんぱく質です。
変えたキャットフードの成分表を見て、原材料にこれらが含まれていないか確認してみましょう。

1.穀物

安価なキャットフードには小麦やトウモロコシなどの穀物が材料の多くを占めているものもありますが、もともと肉食のネコちゃんに穀物は不必要。
そのうえ、穀物の消化が苦手な動物なので食べる習慣はありません。
穀物は、消化しづらく長時間体内に蓄積するようになることから、アレルギーを引き起こしやすくなります。
では、なぜネコちゃんの体に負担がかかる材料がキャットフードに多く含まれているのかというと、メーカーがコストを抑えることができるからです。

2.人工添加物

キャットフードには、人間用としては使えないような添加物の使用や、長持ちさせるために多量の保存料を混入しているものもあります。
キャットフードに使用されている添加物には、合成着色料・保存料・香料・酸化防止剤などがありますがネコちゃんは多量に人工添加物を体内に取り込むことで肝臓や腎臓が弱り、免疫力が低下したことによってアレルギー反応が起こりやすくなります。

3.品質の悪いたんぱく質

たんぱく質はネコちゃんの体にとっても必要な栄養素ですが、品質が悪いものを食べることによりアレルギーを引き起こす原因になります。

アレルゲンの検査はありますが、原因を特定できないことも多いです。
その場合は穀物不使用のキャットフードや、無添加キャットフードを与えて症状が出ないか確認しましょう。

検査により特定できた場合は、アレルゲンを含まないキャットフードに選んであげましょう。
食物アレルギーは、アレルゲンを排除すれば防ぐことができますから、キャットフードを変えるときは使われている材料をしっかりチェックすることが大事です。

喘息の症状

健康なネコちゃんが咳をすることはないので、次の症状が見られたら喘息である可能性が高いです。

首を伸ばして発作的に咳をする
毎日のように咳をする
動きが緩慢になりつらそうになる
口を開けて苦しそうに呼吸する
ゼーゼーした呼吸をする
チアノーゼが出る

咳がひどくなると気道表面の細胞が腫れるので気道の内側が狭くなります。
呼吸ができない状態になるので、喘息発作が酷くなれば命にかかわってきます。
早めに病院へ行ってください。

トップに戻る