キャットフードを変えてアレルギーが出た場合

ネコちゃんがアレルギーを起こす原因はいくつかありますが、キャットフードを変えたことによりアレルギー反応が出た場合は、切り替えたキャットフードに含まれている材料に原因物質(アレルゲン)が入っていると考えられます。

アレルゲンを特定する

まずは、ネコちゃんが材料の中の何にアレルギー反応を起こしたのか、原因物質を特定する必要があります。
アレルギー反応は、本来無害なはずの物質に対して過敏に反応するために起こる症状なので、原因物質を排除することで症状が出ることはありません。

アレルゲンは検査をすることで特定できることがありますが、わからないことも多いです。
特定できない場合はアレルゲンとして考えられる材料を排除した食事を与えて消去法で確認していくことになります。

何がアレルゲンになるのか

キャットフードに含まれる原材料の中でアレルギーの原因として多いのは、穀物・人工添加物・品質の悪いたんぱく質です。

お値段が安いキャットフードや特売で山積みにされているキャットフードにはネコちゃんに必要の無い穀物が多く含まれていたり、食いつきをよくするために多量の香料を使用しているなど、アレルギーを引き起こしやすい材料が使われていることが多いようです。

見た目があまり変わらずネコちゃんがよく食べるとあれば、安いキャットフードでもいいじゃないと考えてしまうのもわかりますが、質が悪ければネコちゃんの健康を害す元になってしまいます。

1.穀類

ネコちゃんは穀類の消化が苦手です。
多く含まれていればそれだけ胃や腸に負担をかけてしまい、体内に長く留まることでアレルギーを引き起こす原因になります。
原材料は多く使われているものから表示されるので、トウモロコシや小麦などの穀類が一番目に書かれてあるキャットフードは避けましょう。

2.人工添加物

ネコちゃんは体が小さいので人間より添加物の影響を受けやすいです。

キャットフードには長期保存するために、人間には使用を認めていない成分を含んだ酸化防止剤が使われています。
化学合成された香料や着色料も有害な成分であり、アレルギーの発生原因になります。

3.質の悪いたんぱく質

原材料に家禽ミール、ミートミール、ミートボーンミール、バイプロダクツ、肉粉、肉副産物の表示があるキャットフードは、動物の内臓・血液・骨など人間が食べられない部分を使用しています。
栄養価が低いたんぱく質で、アレルギーの原因になります。

アレルギーを起こさないキャットフード選び

1.穀物不使用・無添加

穀類不使用のキャットフード、無添加のキャットフードなどアレルギーに対応したキャットフードはいくつかありますから、ネコちゃんのアレルゲンに合わせて選んであげましょう。

質の良いたんぱく質が含まれているキャットフードの成分表には、「牛肉」、「チキン」などはっきり記載されています。
キャットフードを変えるときは、成分表を見てネコちゃんに安心して与えられる材料が使われているかしっかりチェックして購入することが大切です。

2.低アレルギーキャットフード

アレルギー体質のネコちゃんのために、アレルゲンを最小限に抑えた、低アレルギーキャットフードという療法食があります。

これは、原材料にアレルギーが出にくい羊肉や、より消化性の良い加水分解されたタンパク質を使うなど、アレルギー反応が起こりにくい工夫がされています。

アレルゲンの特定は難しいので、体質に合ったキャットフードを探すのは一苦労です。

アレルギー症状に悩んでいるネコちゃんは、このキャットフードを試してみることをお勧めします。

トップに戻る