泌尿器症候群キャットフード

猫は泌尿器系疾患にかかりやすい

ネコちゃんは、膀胱炎や尿路結石などの泌尿器系の病気にかかりやすい動物です。
それは、野生の時にネズミを捕獲して生肉を食べていたので水を飲まなかった習慣が残っており、今でも進んで水を飲まないネコちゃんが多いからです。

(1)膀胱炎
膀胱に長時間蓄積した尿に菌が繁殖することにより発症します。
もともとあまり水を飲まないためネコちゃんのおしっこは濃度が濃いのですが、水分不足によりさらに少量の濃い尿になりますから、菌が繁殖するには最適の環境になるわけです。

(2)結石
水分不足もひとつの要因になり、ミネラルバランスや尿のpHバランスが崩れることで結石が出来やすくなります。
結石の中でもネコちゃんに多いのが、ストルバイト結石症とシュウ酸カルシウム結石症です。

Ⅰ.ストルバイト結石症
ストルバイトは尿中のマグネシウム、アンモニウム、リン酸塩が結晶になったものです。
水分不足やマグネシウムの過剰摂取により尿がアルカリ性に傾くとできます。

Ⅱ.シュウ酸カルシウム結石症
こちらは、マグネシウムとカルシウムの摂取不足、ビタミンCの過剰摂取による尿の酸性化が原因です。
カルシウムの摂取不足は尿中シュウ酸カルシウム濃度を上昇させます。

泌尿器系疾患にかかったら、1.水分量を増やすこと、2.ミネラルバランスが良いフードを選ぶこと、3.尿のpHバランスを整えるフードを選ぶことが大切です。
早くネコちゃんをツライ状態から解放してあげましょう。

水分量を増やすならウェットフード

新鮮な水を与えても飲まない猫ちゃんにはウェットフードを与えてみましょう。
ウェットフードは水分を70%~80%含んでいるので、食事をしながら水分を補給することができます。

ミネラルバランスを整えるフード

ミネラルは体の生理機能を正常に保ち、健康を維持するために必要不可欠な栄養素です。

ネコちゃんの必須ミネラルは12種類です。
バランスよく摂取することでそれぞれの成分の機能を発揮することができますが、特定の成分を過剰に摂取するなどバランスを崩すと結石をつくる原因になります。

ドライフードの多くは必要な栄養素が入っている総合栄養食ですが、ウェットフードは一般食のほうが多く栄養素が不足する場合もあるので気をつけましょう。
ウェットフードだけを与える場合は、総合栄養食のものを選ぶか、ドライフードと併用するなどの工夫が必要になります。

pHバランスを整えるキャットフード

尿は弱酸性ですが、水分不足で濃い尿になるとアルカリ性になります。
この状態が長く続くと細菌が発生しますので、pHコントロール用のフードに切り替えてpHを正常な値に保つ必要があります。

pHコントロール用のフードは、尿路結石を患っているネコちゃんに獣医師が処方する食事療法食と、尿路結石にかかったことがあるネコちゃんの予防用があります。
選ぶときには、獣医師と相談の上で決めましょう。

トップに戻る