キャットフードは冷凍しても良い?

キャットフードは、開封したそのときから空気に触れてしまうので酸化が始まります。
酸化を避けることはできませんが、キャットフードを少しでも長く鮮度よく保存する方法を考えるのはとても大事なことです。
『冷凍』はその方法のひとつに挙げられます。

ウェットフードの開封後の保存

缶詰やレトルトパウチのウェットフードは、水分を多く含んでいて風味が豊かなのが特徴です。
鮮度が落ちるのが早く腐敗やカビの原因になるため、ネコちゃんが食べきれる量だけ取り分けてフードボウルに入れて与えます。
残りはタッパなど別の容器に移し替えて冷蔵保存し、一日で食べ終えるようにしましょう。
一日以上保存しなければならないときは冷凍したほうがよいですが、ウェットフードは解凍すると風味が格段に落ちてしまうためネコちゃんの食いつきが悪くなるようです。

ドライフードの開封後の保存

ドライフードは、開封後一ヶ月程度で食べきることをメーカーは推奨しています。
ただその一ヶ月も、正しく管理することがとても大事。
袋をしっかり閉めて、高温多湿を避け直射日光が当たらないところで保存します。
しかし、一年を通してその環境を作るのはなかなか難しいですよね。

では、保存環境が悪い場合のドライフードはどのようになるのでしょうか。

一番大きい変化は、空気に触れることで酸化が始まりネコちゃんの食欲をそそる風味が落ちます。
湿気が多い場所だとカビが生えて腐敗の原因になりますし、場合によってはフードに虫がつくこともあります。
そんなフードをかわいいネコちゃんに食べさせるわけにはいきません。

大袋のドライフードは開封してすぐに冷凍保存をすることで、鮮度を落とすことなくネコちゃんに与えることができますよ。

キャットフードの冷凍保存

冷凍するときは、まず一日分ずつジッパー付き袋に小分けにします。
封をするときは、酸化や霜による劣化が生じないようにしっかり空気を抜きましょう。
さらに、脱酸素剤を同梱するとしっかり酸素を抜くことができます。

脱酸素剤は、密閉容器の中の酸素を吸収して無酸素状態をつくるものです。
食品の酸化を防ぎ、好気性菌の繁殖を抑えるので、鮮度とおいしさを保ちながら長期保存を可能にします。

ジッパー付きの袋は材質がポリエチレン製の物が一般的ですが、酸素を透すためフードの風味が落ちてしまうばかりか冷凍庫のにおいを吸収してしまいます。
ですから、嗅覚が敏感なネコちゃんのフード保存用には向きません。

酸素透過度の低い包装フィルムの素材ではナイロンが適しており、油脂の酸化防止、変色予防、風味の保持につながります。
脱酸素剤を使用する場合には対応している袋を選ぶ必要がありますので、購入する際にはよく確認してくださいね。

適切に保存ができれば酸化・劣化を防げますが、いつまでも保存できるわけではありません。
開封前の賞味期限より長く保管することがないように日付がわかるようにしておきましょう。

トップに戻る