高齢ネコちゃんのお食事管理

ネコちゃんは7歳から高齢期に入り、この頃から若い時に比べて徐々に運動量が減ってきます。
以前より走り回らなくなった、よく眠るようになったという行動の変化から飼い主さんがネコちゃんの老化に気づくことが多いようです。

ネコちゃんの体の中でも老化は進んでいて、消化能力が落ちる、代謝が悪くなるなど内蔵機能の低下がみられるようになります。

そうなると今までの成猫用フードでは健康管理をすることが難しくなるので、シニアフードへの切り替え時期です。

シニアフードの特徴

7歳以上のネコちゃん用に作られたシニアフードは、シニアネコちゃんの体の変化に合わせて消化吸収がよく高たんぱく低カロリーにできています。
成猫フードには元気に動き回るネコちゃんに適した栄養が入っていますから、運動量が減ったシニアネコちゃんには栄養が多すぎます。
成猫フードを今までと同じ量で食べているとどんどん太ってしまい、体が重くてあまり動かなくなるという悪循環に。
シニアになると運動量の低下に伴い必要なカロリー量も減りますし、基礎代謝が落ちるので成猫用より低カロリーで十分になるのです。

栄養素から見るシニアフードの選び方

ネコちゃんが毎日食べる食事は、「総合栄養食」を選びましょう。
「総合栄養食」には、ネコちゃんに必要な栄養素がバランスよく含まれていて、フードと水を与えるだけで健康を維持できます。
ネコちゃんの年齢に合わせて種類が分かれているものもあり、その時期に適切な栄養素を与えることが出来ます。

シニアネコちゃんの基本栄養(水、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルなど)は成猫と変わりませんが、加齢により必要な栄養素の量が変わってきます。

シニアネコちゃんは、代謝機能が低下してたんぱく質をうまく分解できなくなりますから、消化しやすい「良質なたんぱく質」が必要です。
良質とは、猫が消化吸収しやすい動物性のたんぱく質です。
特にシニアになると、必須アミノ酸のひとつであるタウリンが不足すると視力低下や心筋症を起こしやすくなります。

次に「カルシウム」。
老化によりカルシウムの吸収率が低くなるため、骨が弱くなります。

そして「ビタミン」。
ビタミンはカルシウムの吸収を助けます。
ほかにもシニアネコちゃんの視覚や代謝機能に重要な働きをします。

また、もともと肉食のネコちゃんは穀物を消化するのが苦手です。
シニアになると消化機能が落ちてますます消化しづらくなりますので、穀物があまり含まれていないものが望ましいです。

メーカーによって栄養素や原材料の割合は違いますので、しっかり成分表を確認して選んであげてくださいね。

シニアフードへの切り替え方

ネコちゃんは繊細なので、食事を急にガラリと変えると食べなくなるかもしれません。
今までのフードにシニアフードを少しずつ混ぜていく方法でゆっくり切り替えてあげましょう。
7歳になったからすぐにシニアフードに切り替えなければいけないわけではありませんから、あせらずにネコちゃんの様子をみながら進めてあげてくださいね。

1日に与える量は、約60kcal×体重kgを目安に、3~4回にわけて少量ずつ与えるようにするとよいでしょう。

ネコちゃんによっては1回にたくさん食べる習性の子もいるかもしれませんが、一度にたくさん食べると消化不良になりやすいので何回かに分けていくことをおすすめします。

トップに戻る