気になる猫ごはんの疑問を解消

市販されているキャットフードには、様々な危険性が潜んでいます。
だからこそ、高品質なプレミアムフード・グレインフリーフードに切り替える飼い主さんが急増している訳ですが、グレインフリーやヒューマングレードなどの基準を満たした猫ごはんは、日本ではまだ稀少な存在です。

その為、『よく分からない点・疑問点がある』…という方も少なくない様です。
そこで、このページでは、キャットフードに関するよくある質問に回答してみました!

Q.食べてくれない…

「評判の高品質なフードに切り替えたら、急に食べてくれなくなりました…なんででしょう?」
(40代 女性)

恐らく、突然新しいものを出してしまったのが原因です。
ニャンコは、突然フードが変わることを嫌います。
切り替える際には、時間をたっぷりかけて、ゆっくりと新しいものにシフトしていくことをおすすめします。

Q.シニア期だから悩む…

「我が家のニャンは現在9歳です。シニア期に突入していくこの時期にフードを変えて良いものか悩んでいます。猫の負担になってしまわないかと心配。」
(30代 女性)

現在与えているものが、ペットショップや動物病院などで販売されているような一般的なフードである場合、絶対に切り替えてあげる方が得策です。
確かに9歳ともなると、今までと違うフードはなかなか食べてくれない…もしくは変えることに抵抗を感じる…という気持ちになるのも分かります。

しかし、それを踏まえても、市販品はリスクが高いです。
年齢を重ねると、添加物や低品質な原材料の悪影響をより受けやすくなってしまう…ということも考えられますから、出来るだけ早めに良質なフードに変更してあげましょう。

上記した様に、切り替える際にはじっくりと時間をかけてシフトしてあげると良いでしょう。
ただ、『いきなりカナガン100%で食べてくれた』という我が家のニャンコのようなケースも少なくないので、まず試してみる事をおすすめします。

Q.グレインフリーに変えたら太ったかも?

「三か月ほど前、猫の身体のことを考えてグレインフリーのごはんに変更することにしました。それから今までの僅かな期間で少しぽっちゃりしたような?」
(40代 男性)

グレインフリーのフードには、文字通り、穀類が使用されていません。
その為、栄養価が非常に高い状態になっています。

(市販フードと比べると)しっかり満腹感を得ることができますし、栄養価的にも非常に充実度が高い…というのがグレインフリー・ヒューマングレードフードの特徴です。

さらに、原材料の品質も良く動物性タンパク質が豊富となると、猫にとっても非常に美味しく感じるので、食い付きが良くなり沢山食べたがるようになる子も少なくなりません。

市販品とは異なりしっかりと栄養が含まれているので、与える量は適切に管理してあげるようにしましょう。
「グレインフリーに切り替えた当初は、十分に計量して与えるべし」ということ!

もちろん、運動量や骨格などに個体差があると思うので、慣れていく中で自由に増減してOKです。

しかし、切り替え当初は、しっかりと計量してあげることをおすすめします!
一度太ってしまうと、痩せるのは大変です!

多少手間はかかりますが、最初だけはしっかりと管理してあげましょう。

Q.手作り食を混ぜたいけど大丈夫?

「手作り食にも興味があるけど、たまにあげるくらいなら問題ないよね?」
(30代 女性)

常に手作り食を与える…というと栄養バランス的に多少気になりますが、普段はグレインフリー・ヒューマングレードのフードを与えて、たまに手作り食を織り交ぜるという程度なら、全く問題ありません。

ニャンコとのコミュニケーションにもなるので、上手に活用したいですね!
愛情を確かめ合うツールとして利用することができれば理想的です。

ただし、与えてはいけない食材も存在します。
そんな食材を与えてしまうと、ニャンコに命の危険が及ぶこともあるので注意しましょう。

ちなみに、絶対に与えてはいけない食材は以下の通りです。
ネギ類(タマネギ・ニラなど)、イカ、カカオを含む食べもの(チョコレートなど)、牛乳、ぶどうetc.
塩分の与えすぎにも注意する必要があります。

また、豚肉は与えても良い食材ですが、必ず加熱するようにしましょう。
人間と同様に、生食で与えるのは危険です。

このように、人間と比べると食べてはいけない食材が多いので、しっかりと事前に知識を得てから実行するようにしましょう。

トップに戻る