キャットフードの味

 キャットフードのパッケージでは新鮮な肉や魚、みずみずしい野菜のイメージ写真と可愛い猫の写真が載っていて購買意欲をそそります。
しかし、キャットフードは本当に美味しいのでしょうか。

 結論からいえば、キャットフードは塩分を控えて薄味に設計されています。
しかし、薄味であっても猫は人よりも味覚には鈍感で、美味しいか否かの判別は二の次で、嗅覚を使って食べられるか否かの判断をしています。
猫は、腐っているかどうかの判断に関しては、人の数万倍ともいわれる嗅覚を使って判断します。
したがって、飼主がキャットフードを選ぶときの基準と猫の満足感は別問題です。
もちろん、猫の食べ方などから、猫一匹一匹のキャットフードの好き嫌いはあります。

 キャットフードを買う場合には、パッケージの良し悪しでなく、自分の猫が飼っている猫の食べ方、食べっぷりを見て好き嫌いと食べた後の体調を観察し、猫の好みや年齢、体調、体格に合わせたキャットフード選びが肝心になります。
また、こちらの安価なキャットフードについての記事も合わせてご覧ください。

トップに戻る