安心ナビ【PS保険】の活用

詳細情報を確認

キャットフードをしっかりと吟味することによって、ニャンコのアレルギーや肥満、病気などのリスクを軽減させることができます。

しかし、いくらキャットフードに配慮しても、ニャンコのケガのリスクを減らすことはできません。

そこで注目したいのが、ペット保険です。
ペット保険に加入することによって、愛猫の万一のケガや病気に備えることができます。

大きなケガや病気には「いくらかかるか分からない」というのが動物病院の怖いところ。
そんな不安を緩和する為にも、ペット保険を上手に活用しましょう!

ただし、ペット保険の保険料が気になる…という方も少なくないはず!
そんな方におすすめしたいのが、PS保険というサービス。

圧倒的な保険料の安さが魅力です。
保険料は安いですが、補償内容は充実しています。
通院にも入院にもしっかりと対応するので安心感があります。

このページでは、そんなPS保険のメリットとデメリットを紹介します。

補償内容は?

PS保険は、通院も入院も手術も補償するサービスです。
最も利用頻度が高いであろう通院にも、しっかりと対応してくれます。

「気軽に利用できる普段使いの保険」として活用することができるでしょう。
通院補償つきのペット保険としては、業界最安クラスの保険料を実現しています。

もちろん、通院だけでなく、入院や手術にも対応!
万が一にしっかりと備えることができるペット保険です。
大きなケガや病気に備えて、加入しておくと安心です。

また、補償額は最大で110万円。
お手軽な保険料ですが、実用的で困ったときに頼りになる保険と言えるでしょう。

保険料の上昇が緩やか

保険料の上昇が緩やかであるという点も注目すべきポイント。

保険料の引き上げは3年に一度だけ!
その為、一生涯を通じてペット保険をムリなく続けていくことができます。

その他の条件にもよりますが、猫の場合、1歳で加入すれば一ヶ月あたりの保険料はわずか1269円!

さらに、満9歳までに加入しておけば、その後も一生涯にわたって加入することが可能。
動物病院と上手に付き合いたいシニア期になっても保険が適用されるのは嬉しいメリットです。

保険料の無料見積もり

保険料は、こちらのページから無料で見積もりが可能!
年齢を入力するだけなので、数秒でチェックすることができます。
ぜひ、参考にしてみてください。

また、資料請求も可能です。
細かいポイントまでチェックしてみたい…という方は、無料の資料請求をしてみましょう。

詳細情報を確認

選べる3つのプラン

複数のプランから、相性の良いものを選ぶことができます。

プランは50%補償・70%補償・100%補償の3つ。
名前の通り、補償割合が異なり、保険料にも違いがあります。

ちなみに、我が家では50%補償プランに加入しています。
毎月の保険料がリーズナブルなので、本当に気軽です。

もちろん、50%補償プランであっても、補償内容そのものは他のプランと同じ!
入院・通院・手術・車いすまでカバーしています。

支払い手続きも迅速!

請求書類到着から、平均3.6日で保険料が支払われます。
かなりスピーディなのでストレスがありません。
もちろん、費用がかかる動物病院の診断書は原則不要です。

トップに戻る