お悩みからフードを選ぶ

どんなフードを選べば良いか悩んでいる方には、お悩みから選ぶ方法をおすすめします!

ニャンコの悩みから選ぶことによって、相性の良いフードをチョイスすることができますよ!

ぜひ、参考にしてみてください。

Case1.嘔吐が多い

市販の一般的なキャットフードを与えている場合、嘔吐が多くなってしまうケースが少なくありません。

この場合、穀類によるアレルギーが原因となっているケースが多い様です。

そこで、おすすめしたいのが、完全にグレインフリーにこだわったフードです。
例えば、カナガンはそんな製品の一つ。

穀類を使用していないのはもちろん、主原料もアレルギーの原因となりやすい牛肉や豚肉などを使用せず、鶏肉(イギリス産平飼いチキン)を採用しています。

もちろん、合成添加物も一切使用されていません。
原材料はすべてヒューマングレードです。

さらに、コストパフォーマンスが優秀であるという点も魅力!

Case2.皮膚のかゆみ・フケ

皮膚のかゆみやフケが気になる場合も上記した嘔吐のケースと同様に、アレルギーが原因となっている可能性が高いと言えるでしょう。

その為、基本的にはグレインフリーの製品を選ぶことがポイントとなります。

アレルゲンとなりにくい上質な原材料が使用されたフードを選びましょう。
その為、おすすめは、やはり、上記したカナガンです。

また、同様の条件を備えたキャットフードとしては、ジャガーというフードがおすすめ!
この製品は、動物性たんぱく質の配合率が80%以上というのが特徴。

猫に必要な栄養素をしっかり含有しています。
その為、被毛にまで十分な栄養が届きます。
毛艶の改善にもおすすめです。

Case3.肥満・ダイエット

高品質なホリスティックフードは、肥満の解消やダイエットにもおすすめです。
良質なたんぱく質を補給することができるので、カラダのバランスが整います。

また、消化器官に負担をかけてしまうような食材も使用されていないので、安心して与えることができます。

ダイエットが目的の場合は、炭水化物源として、どんな素材が配合されているかをチェックしましょう。

例えば、カナガンであればサツマイモを配合しています。
サツマイモは、低GI値で腹持ちの良い素材です。
少量でもしっかりとお腹にたまり、満腹感をしっかりとサポートすることができます。

Case4.下部尿路疾患(FLUTD)

ニャンコが最も罹患しやすい病気と言われている下部尿路疾患。
通称、FLUTDと呼ばれています。

FLUTDが悪化して尿毒症の症状が出てしまうと、最悪の場合、死に至ることもあるので、十分に注意することが必要です。

市販されている製品で「尿トラブル予防」を謳っている製品でも安心はできません。
そういった製品には、大抵、ph値を調整する素材が配合されています。

それ自体は問題ないのですが、ポイントになるのは、消化器官に負担をかけてしまう原材料が配合されている点。
消化器官に負担をかけてしまうと、それが下部尿路疾患の原因になってしまうケースもあります。

FLUTDを予防したい場合、その点まで十分に配慮して、製品を選ぶことが重要です。

おすすめの製品としては、原材料に十分に配慮されている上に、ph値をコントロールする素材もプラスされているシンプリーがぴったり!

しっかりと尿路疾患をケアすることができます。
もちろん、この製品も合成添加物を使用していません。

原材料はすべてヒューマングレードです。
価格帯も比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスも優秀ですよ!

トップに戻る